デジタルサイネージに新サービスを付加

屋外・店頭・公共空間・交通機関など、あらゆる場所で、ディスプレイなどの電子的な表示機器を使って情報を発信するメディア「デジタルサイネージ」。

デジタルサイネージの市場規模は約1,487億円(2017年矢野経済研究所調査)です。デジタルサイネージは「いつでも、どこでも、だれにでも」 情報を伝えるメディアであり、かつ、「いまだけ、ここだけ、あなただけ」に伝えるメディアです。明確な目的と効果を伴って情報を送り届ける手段として注目されています。

すでに普及したデジタルサイネージ

生活者の身の回りには、多くの場所で様々なディスプレイや表示機器が設置され、様々な情報がデジタルサイネージによって提供されています。街頭の大型LEDビジョンや駅ビル、交通機関、空港、ショッピングモールはもちろん、エレベーターや小型店舗、大学、ホテル、病院などにもデジタルサイネージは広まっています。

新しい情報コミュニケーションツール

デジタルサイネージは、屋内外のロケーションや表示システムの大小に関わらず、私たちの生活の様々な場所で、人と情報をつなぐ新しい情報コミュニケーションツールなのです。

これにより、ユーザやデバイスから発信されるフィードバック情報から、利用者の趣向や行動分析を行うことができ、ユーザインタラクションに応じてサイネージに表示する情報を動的に変更できるような時代になっています。

chargeSPOTの特徴

デジタルサイネージにモバイルバッテリーのシェアリング機能が付随した新サービスです。
一般の利用者は、スマートフォンのアプリをダウンロードし使用します。

充電器貸出・返却機能により集客が見込まれます。(アプリで決済・設置場所検索等)
デジタルサイネージに御社広告を露出することにより集客が見込まれます。(おすすめ商品や求人等の広告が無料)

簡単・安い・便利を付加価値サービスとして一般ユーザーに提供できます。