ITテクノロジーの力で「栽培・管理・収穫」をワンストップでコントロールし、環境と品質を保持する仕組みを「スマートアグリ」と言います。スマートとはIT技術による人手に頼らない自動制御や自律的な「賢い」環境対応など、アグリとは「agriculture」、農業・農学のこと。

これまで農業は、どうしても「労働力」と「経験」という、属人的な条件にその行く末を委ねてきました。後継者を育てる場合、当然ながらその経験と生産性はコントロールしきれる領域ではありません。
農業のIT化については、とかく植物工場に注目が集まりがちです。もちろん中長期的な視点での先進技術の研究開発は重要ですが、農業ITを産業化する視点では、これだけでは今の日本の農業の置かれた状況を変えたり成長分野へと発展させることはできません。

 

スマートアグリ導入支援

農業とIT。大きな社会的課題を抱えていた農業という産業に、問題解決の手段としてITが導入されています。工業製品だけでなく、新しいITの在り方が農業にもしっかり組み込まれてきています。

ベルディアでは、スマートアグリの進化をお手伝いします。
 

食育コンサルタントのベルディアの販売チャネル戦略コンサルティング

販売チャネル戦略コンサルティング

多くの農家の皆さんの思いとして、特産品はどれも「いいもの」であると思います。しかし「おいしい」「安心安全」等は大前提であり、それだけでは他の商品との差別化にはなりません。農家の「売上を上げたい」という課題を、その課題やステージに応じたサービスを展開しています。農家と消費者を結びつけるサービスの考え方、構築方法などのサービスソリューションをご提供してまいります。

食育コンサルタントのベルディアの就農連携コーディネーター

就農連携コーディネーター

農業を始めたい人や、就農後に経営を安定・発展させたい人のために、農業の活性化に繋がる人材育成と地元のニーズに合った幅広い地域活性を目指しています。
農業の現実には、生産者の所得の減少、後継者の不足や、「食」を支える地域経済の悪化、雇用機会の減少といった様々な課題に直面しています。課題を解決するために、「食」の付加価値の向上や生産性の向上を強固な「経営力」のもとに進める事業者の力が必要です。
農業という産業全体の規模を拡大していくために、新規参入を促すことを支援して貢献します。

食育コンサルタントのベルディアの6次産業化サポート

6次産業化サポート

お客様目線で開発された「いいモノ」を知っていただくお手伝いをさせていただきます。6次産業化の認定やGAP認証を目的ではありません。
地域農林水産品を活用した商品開発、事業計画の立案、販路開拓支援、インターネットを活用した新規顧客開拓・マーケティング戦略立案支援などといった6次産業化の取組を通じて、生産者の方々の支援、地域の新事業の創出、地域活性化を目指します。

食育コンサルタントのベルディアの経営状況の「見える化」支援

経営状況の「見える化」支援

何も農地の現場で行われるセンサーやデータの集約などのシステム管理だけがスマートアグリではありません。
農業従事者が見えづらい肥料や農薬のコスト管理、人件費、労務効率、予算作成や予算管理、圃場管理や労務管理といった経営に関する情報の「見える化」もスマートアグリならではの経営状況の「見える化」です。
農業を運営する上でかかる経費や労務効率などの経験によるノウハウをデータとして「見える化」し、農業の効率化を実現する支援をさせていただきます。