見込み顧客の足どりをつかむ

「このお店に行ってみたい」と言わせるコンテンツ

コンテンツはWEBに特化した言葉ではなく「内容・中身」を指す言葉で、そこに含まれる情報が大切です。飲食店にとってもっとも重要な「コンテンツ」は料理でありドリンク、そしてお店の空間デザインや居心地の良さも「コンテンツ」です

お客様の期待に素直に応える

「AIDMA」だけでは足りない新規の見込み客の足を自店に向かわせる仕組みをなぜ構築できたのか、その理由をお伝えします

選択候補に挙げてもらう

SNSでのソーシャルメディアコンテンツの充実化は選択候補に挙げてもらう要素が他の媒体に比べて高い効果を得られることから導入しました

最終決定店として選んでもらう

飲食店に来店されるお客様の目的は多岐にわたるようで実は一つで「飲食すること」です。「このお店で食べてみたい」という動機に直結するようなコンテンツに特化した配信を実行しました

足を運んでもらう

「コト」消費の現代社会において飲食店に足を向けてもらうことは以前にくらべても難易度があがっているため、簡単に予約ができる窓口を設けました

満足してもらう

来店客の「期待-実体験」のギャップが上向きか下向きかで今後の店舗運営に直結するため、ギャップの評価を直接お客様から得られる仕組みを構築しました

来店客の自然な動きに視点を合わせる

「変化」と「売上へのつながり」を重視するプロモーション活動

カスタマージャーニーは見込み客の行動パターンを活用することが重要でAではなくBのコンテンツが良い、という短絡的な結果のみを求めるものではありません。「お客様に満足して頂く為のストーリー」をつくるために活用することで初めて競合他店よりうまく集客につながります

顧客の行動や思考を把握

コンテンツを作る際、顧客の意識とズレが生じることは否めません。「どの段階の顧客の、どの課題を解決する」ことを意識することで、コンテンツが果たすべき目的がより明確になります。

belldeer front-page Wine glasses

contact information

write us or contact us on our social media

        © 2016-2020 株式会社ベルディア All Rights Reserved.