販売方法と経営戦略で「どのようにして」

「デジタルネットワーク」が飲食店業界のキラーコンテンツ

飲食店業界において集客をする力のある情報やサービスはWebマーケティングによって構築可能です。魅力的なWebコンテンツは来店見込み客に的確に訴求でき、かつ、確実な来店へ導くことを可能とします。そして新規開業、複数店舗開業はもちろんのこと新しい業態への発展へつながります

お店が見込み来店客をしぼる

どのようなお客様に来店してほしいのか、どのようなお客様に自店をアピールしたいのか、ターゲットを明確にして「どのように売るか」の仕組みをなぜ構築できたのか、その理由をお伝えします

利用動機(WHY)

見込み来店客の足を自店に向かわせるために必要なことは「このお店に行ってみたい」という利用動機で、その利用動機はWebマーケティング戦略によって構築しました

予算(HOW MUCH)

モノに値段を払っているのではなくそこででしか体験できない価値にお金を払いたい、と、見込み来店客の気持ちを向かわせる「コト消費」の価格設定をしました

いつ(WHEN)

季節や曜日だけではなく時間帯によっても財布のひもの堅さはかわることから、時間帯割引ではなく、時間帯でお店の業態とお客様の対象を変え幅広いターゲットへアプローチしました

どの場所の店(WHERE)

アクセスの良し悪しだけではなく、来店されたお客様にとって「この店は完全に安全な場所である」ことが最重要であることから、清潔さと流行する感染対策への徹底した対策を適切なPR戦略で広報活動を行いました

マーケティング戦略による集客

来店ターゲットはキョウソウシン(狭・想・深)

どの販促手法が自店にふさわしいかの判断基準を持つことは非常に重要で、隣の店がやっているから自店にも、という安易な戦略は徒労に終わります。すべてのお客様から満足してもらう商品というのは存在しません。自店にとってどのよう方法がよいのかを見極める判断基準、何と何を組み合わせ、どのようなお客様に来店してほしいのかをできるだけ狭め、自店のコンセプトに想いをこめ、深くターゲットを考察したうえでの集客を考える力が必要です

売り方を変えると未来が変わる

一時の流行に左右されず情熱を注いだ自信の一品を客観的な視点でのマーケティング戦略で販売することで、お客様の利用シーンに併せた店舗づくりを行うことが可能となります

belldeer owner-page Dinner Table in Cafe

contact information

write us or contact us on our social media

        © 2016-2020 株式会社ベルディア All Rights Reserved.