適切な販路が、最高の製品を届けます。

購入プロセスが煩雑では、魅力的な安さでも購入されません。

マーケティングプランの組立てや、既存のプランの見直しに役立つのが、「4P理論」と「4C理論」です。

え?今さら?

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

基本は大事です。

何も難しい理論だけがマーケティング戦略に必要な知識ではありません。

マーケティング戦略をうまく戦術としてやり抜くためには、基本を大事にしてください。

4P

マーケティングの基本であるマーケティングの4Pを説明します。

4つのPとは、Product(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(プロモーション)のことを指し、市場から望ましい反応を引き出すためにこれらのツールを効果的に組み合わせることが必要とされています。

Product(製品):製品、サービス、 など
Price(価格):価格、割引、信用取引 など
Place(流通):チャネル、流通範囲、在庫 など
Promotion(プロモーション):販売促進、広告 など

これらは、マーケティングつまり商品・サービスを消費者に売るために考えるべきことを列挙したものです。つまり、企業サイドの視点に立ったマーケティングの考え方です。

それでは、4Pと4Cをどのように組み合わせて戦略としてマーケティング活動を行っていくのか、そのポイントを説明していきたいと思います。
[free_buttun_txt]

4C

「4C」とは、4Pの企業側からの観点に消費者サイドからの視点でマーケティングを考えようというものです。このフレームワークを元に、商品を売る施策を考えます。

製品(Product)から顧客価値(Customer Value)へ

企業が何を売るのか?という製品戦略の考え方から、ユーザーがその商品を手にした時のメリット・悩みの解決といった、商品が顧客にもたらす価値を持たせることが大事なのです。

価格(Price)から顧客にとっての経費(Cost)へ

企業が価格を設定する、という価格戦略から、顧客がその商品を購入するまでいくらかかるのか、その製品を用いてある問題を解決するのに費用が妥当か?という考え方です。

流通(Place)から顧客利便性(Convenience)へ

消費者は、製品やサービスができる限り簡便に利用できることを望んでいます。例えば、オンラインショッピングの最大の利便性は、24時間、365日稼働していることです。そして、オンラインショッピングの場合では追加料金を支払えば1営業日での配送が可能だったりします。
顧客の利便性を優先させた考え方で、顧客が入手しやすい方法を戦略化します。

販促(Promotion)から顧客とのコミュニケーション(Communication)へ

消費者は、双方向のコミュニケーションを望んでいます。
販促(Promotion)のような企業側からの一方的なコミュニケーションに加え、アフターサービスなどの顧客からのコミュニケーションも対応するという考え方です。
 
 

マーケティング戦略を立てるにあたって、4P、4Cのフレームワークを使用することで、顧客側の視点に立ってサービスの特長を整理すると、商品改善につながるだけでなく、販売促進のキャッチコピーが生まれることもあります。

また、現状のマーケティングプランがうまく機能していないと感じたら、4P、4Cを見直すことで原因を追求することも可能だったりします。

必ずしも良い商品・サービスが売上に結びつかない時代です。

「今さら?」と思う前に、何事も基本を大切にマーケティング戦略を立ててみてはいかがでしょうか。

 
 
この記事が皆さんの今後のビジネスにおいて、現状の社内リソースやビジネス状況だけではなく、広い視点から「顧客の受ける価値とはなにか?」からビジネスの企画立案にお役だてていただければ幸いです。

 

本章ではこの新しい企業と消費者を結びつけるサービスの考え方、構築方法について紹介してまいります。どうぞ、参考にしていただければと思います。

食育コンサルタントのベルディアでは、様々なセミナーを行っております。また定期講座もあります。個別指導・個別講座も可能です。お気軽にお問い合わせください

また、ベルディアでは無料メルマガも発行しております。あわせて参考にしてください。

Tags:

No responses yet

コメントを残す

無料メルマガ登録

カテゴリー
        © 2016-2022 株式会社ベルディア All Rights Reserved.