6次産業(ろくじさんぎょう)とは、農業や水産業などの第一次産業が食品加工・流通販売にも業務展開している経営形態を表し、農業・水産業本来の第一次産業だけでなく、他の第二次・第三次産業を取り込むことから、第一次産業の1と第二次産業の2、第三次産業の3を足し算すると「6」になることより、農業経済学者の今村奈良臣氏が提唱した造語。また、このような経営の多角化を6次産業化と呼びます。