セルフプレゼンテーション。行動を紐解くマーケティングの心理学15

セルフプレゼンテーションとは、プレゼンテーションなどの場において、相手に対して自分をどのように認識してもらいたいかを意識しながら話をすることです。

人は客観視をすることがなかなかできません。

セルフプレゼンテーションも同様にむつかしいのですが、重要なことは「相手の視点に立ってどのように伝えるか」を第一に考えるということです。自分を一番よく理解しているのは自分自身です。実際に声に出して自分自身にセルフプレゼンテーションを行ってみてください。そして客観的に自分のセルフプレゼンテーションを評価してみてください。

セルフプレゼンテーションは、何もビジネス上だけに活きてくるものではありません。普段の近所付き合いや地区活動、ママ友上の付き合いであったりと、色々なところで役だってきます。

セルフプレゼンテーション

自分が相手からどのように見られたいのか、という印象を明確にし、話し方や口調、話す内容などを相手や場面によって変えながら、自分の印象を意図的に変えるテクニック。それがセルフプレゼンテーションです。

このテクニックのコツやポイントを説明したいと思います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す