セルフプレゼンテーションとは、プレゼンテーションなどの場において、相手に対して自分をどのように認識してもらいたいかを意識しながら話をすることです。

人は客観視をすることがなかなかできません。

セルフプレゼンテーションも同様にむつかしいのですが、重要なことは「相手の視点に立ってどのように伝えるか」を第一に考えるということです。自分を一番よく理解しているのは自分自身です。実際に声に出して自分自身にセルフプレゼンテーションを行ってみてください。そして客観的に自分のセルフプレゼンテーションを評価してみてください。

セルフプレゼンテーションは、何もビジネス上だけに活きてくるものではありません。普段の近所付き合いや地区活動、ママ友上の付き合いであったりと、色々なところで役だってきます。

セルフプレゼンテーション

自分が相手からどのように見られたいのか、という印象を明確にし、話し方や口調、話す内容などを相手や場面によって変えながら、自分の印象を意図的に変えるテクニック。それがセルフプレゼンテーションです。

このテクニックのコツやポイントを説明したいと思います。[free_buttun_txt]

プレゼンテーションは特に自分流に行う人は多いですし、素の自分のままで臨む方も多いですが、セミナーや講師などは相手から見たときの自分は意識が非常に高いです。

態度や姿勢、言葉や身の回りの小物の用意、場合によっては会場選定や価格設定など、セルフプレゼンテーションのテクニックはさまざまあります。

たまにはプレッシャーが高く重要なプレゼンテーションに臨むことも、自らを鍛えられるのでよいかもしれませんね。

惹きつける何か

「セルフプレゼンテーション」とは、相手に持たれる自分のイメージをこちらが意図的に変える方法のことを言います。つまり、まず自分が相手や周りの人から、どのような人間であると思われたいのかを考えます。

ある人は真面目で信頼できる人間像かもしれませんし、またある人はユニークで一緒にいると楽しい人だと思われたいと願うかもしれません。

またある人は、頭が良くて知的な人だと思ってほしいと思うかもしれません。そんな切なる希望を叶えるべく、「セルフプレゼンテーション」が必要なのです。

別何もしなくてもなぜか人から好かれたり一目置かれるような人もいます。惹きつける何かを持っている人が確かに存在しています。

しかし、多くの場合はそうではありません。

何らかの努力をしてそういった自分像を手にしているのです。ですから、もし今あなたがこんな風に人から見られたいなどと考えているのなら、是非そう思ってもらえるように頑張ってみてください。

話し方をどうするか

伝えたい相手の性格はどのようなものですか。せっかちの人であれば結論を先に言った方が良いですし、なぜその考えに至ったのかという過程を大事にする人であれば、結論は最後の方が良いです。相手の聞き入れやすい話し方はどのようなものか、日頃のコミュニケーションを通して把握しておいた方がヒット率は上昇します。

セルフプレゼンテーションのまとめ

・自分が思っていた自分 
(今までの人前で話す経験から自分で思っていた事を書く)

・人が見た自分      
(実際に人前で話して見ていた人に率直な感想を言ってもらう)

・客観的に見た自分   
(人前で話している所をビデオで撮影し、自分でその姿を見る)

3つの視点から自分を感じてみて、気づいたことや発見したことから改めて「自分の持っているよさ」を確認し、また新たに「こんな風に自分を伝えたい!」と決意することで自分らしさをアピールしていけます。最後に これからどんな自分を伝えて行きたいか を考えます。

 
 

マーケティングスキルはビジネスを大きく左右する重要なスキルであるにも関わらず、学校や会社ではほとんど教えてもらえません。紹介した知識はマーケティングはもちろんですが、結局ビジネスをしていく上で顧客心理は切っても切り離せない重要なポイントです。

テクニックは、接客、営業、WEBマーケティングなど、様々なシーンで参考にできるものばかり。もちろん、職場や家族の問題の解決で合ったり―の中でも活用できるので、一度目を通して頭の隅っこにいれておくことをおすすめします。

 

本章ではこの新しい企業と消費者を結びつけるサービスの考え方、構築方法について紹介してまいります。どうぞ、参考にしていただければと思います。

食育コンサルタントのベルディアでは、様々なセミナーを行っております。また定期講座もあります。個別指導・個別講座も可能です。お気軽にお問い合わせください

また、ベルディアでは無料メルマガも発行しております。あわせて参考にしてください。

Tags:

No responses yet

コメントを残す

無料メルマガ登録

カテゴリー
        © 2016-2020 株式会社ベルディア All Rights Reserved.