こんにちは。食育コンサルタントのベルディアです。

本日のマーケティング戦略については、クレショフ効果をお伝えしたいと思います。

クレショフ効果

1つの画像や写真が映画的に編集されることによって、その前後に位置する他の映像の意味に対して及ぼす性質のことを言います。前後の脈絡がない映像や写真の羅列であっても、人間は前後のつながりを無意識に関連づけて意味を解釈してしまうことがあります。

無意識にしてしまうイメージや比較をマーケティングに活かす方法が、今回紹介するクレショフ効果・一貫性の原理となります。 普段生活をしている中、特に意識していない比較や結びつきを混ぜ合わせていくので、多くの方から共感を得やすいマーケティング方法です。

クレショフ効果とは認知バイアスの1つで、本来であれば無関係な映像でも映画のように編集する事で意味があるように感じさせる効果です。

例えば、子供が走っている写真と、公園の写真を連続して見ると、「子供が公園で遊んでいた」というように無意識の中で本来関連のない2枚の写真の間の関係性を作り出してしまいます。実は、クレショフ効果を初めて見出したのは心理学者ではなく、映像作家のレフ・クレショフという人でした。この1920年頃に発見されたクレショフ効果は、その後の映画界に大きな影響を与えたモンタージュ理論に発展し、ヒッチコックはこの理論に則って映画を撮っていたそうです。

商品イメージを向上させるコツ

前後の情報が今得た情報に意味づけをしてしまうというのはよくある話です。

20年ほど前から流行っている手法でいささか古い印象もありますが、名刺やWebサイトに満面の笑顔の営業マンの写真を掲載することがありますよね。「この人になら電話をかけてみてもいいかな」と、安心感を抱いてもらうのが狙いとしてます。[free_buttun_txt]

これは、Webコンテンツでも同じことが言える。使用すべき写真の組み合わせや順序を間違えると、正しいアピールにならないことがあります。

心理学応用のマーケティングにおいて、画像はとても重要なものです。今や画像なくしてマーケティングはあり得ません。如何に画像を見せるか、それが大きな購買欲への要素となるのです。

商品だけでなく、名刺や広告において、親しみのあるキャラクターや人物像を描く事は、昨今当たり前になってきています。

これも心理学のクレショフ効果を狙ったものです。重厚感のあるものは信頼に、親しみのあるものはとっつき易さに繋がります。企業イメージにそって相違を出す事も重要な事です。

WEBページ上で活用する

クレショフ効果は、WEBページ上に載せる写真にも適用できます。例えば自社ページや自社ブランドページのトップのスライド画像などで、自社の商品とは別に、企業やブランドをこんなイメージで見て欲しい、というような写真を入れて、企業イメージやブランドイメージをコントロールする事が可能です。これはもう、世界中でたくさんの企業、ブランドがしている事ですね。

また、ECサイトの商品ページでも、その商品に与えたいイメージに沿う写真を載せて商品イメージをより良く魅せることができます。

クレショフ効果は、一枚の写真であっても利用できます。

たとえば、食べ物のハムを売りたいとします。その時に、写真にハムと一緒にどのようなものを入れるかで、ハムのイメージも変わってきます。

もし、「高級感あるハム」として売りたいときには、隣にワインをおいて、風景も高級そうなレストランのようにすれば、より高級感のあるイメージが訴求できます。反対に、家のリビングで、食卓の上にハムを置けば、「身近でいつでも食べやすいハム」というイメージが伝えられると思います。

当たり前のようにも思えるクレショフ効果ですが、あなたの自社サイトやECショップで、あらためて見直してみると、ちょっとした効果があるかもしれません。
 
 

マーケティングの効果を高めるためには、人間の行動心理や思考のクセ、脳の特性を知ることが大切です。

この記事では、顧客心理を掴むために、マーケティングに使える行動心理学、認知心理学、社会心理学、行動経済学などの心理学をご紹介します。

行動心理学の効果は、見込み客に役立つ商品やサービスを正しく届けるために使いこなしていくのが、マーケティング活動のやるべきことです。マーケティング活動に役立ててください。

 

本章ではこの新しい企業と消費者を結びつけるサービスの考え方、構築方法について紹介してまいります。どうぞ、参考にしていただければと思います。

食育コンサルタントのベルディアでは、様々なセミナーを行っております。また定期講座もあります。個別指導・個別講座も可能です。お気軽にお問い合わせください

また、ベルディアでは無料メルマガも発行しております。あわせて参考にしてください。

Tags:

No responses yet

コメントを残す

無料メルマガ登録

カテゴリー
        © 2016-2021 株式会社ベルディア All Rights Reserved.