お互いが鏡のように真似ることで、関係が良くなるということ。このことを「ミラーリング効果」と呼ぶのです。

ミラーリングとは、相手の仕草や行動、言動などをミラー(鏡)のように真似ることを指す、コミュニケーション手法の一種です。ミラーリングを行なうことで、相手に親近感を与える事ができたり、好感を持ってもらうことに役立ちます。

ではミラーリング「効果」とは何でしょうか。

この効果は「人間は自己と似たものに共感、好意をもつ」という心理学的傾向を利用して相手から好意を得たり、良い関係と築くきっかけとするという意味です。

相手の行動や言動を真似ると、相手は自分に対する「尊敬」や「好意」の気持ちであると受け取りやすくなります。よって、具体的に「尊敬しています」とか「好きです」という言葉に表さなくても、相手に好感を伝える方法として活用できるのです。

効果

具体的な効果は、恋愛や営業で発揮される場合が多いと思われます。恋愛は相手との共通点が多いほどお互いの距離が近くなりますので、ミラーリングを活用することが恋愛を成就するために有効だと考えられます。

営業でもセールスなどでミラーリングを使うことで、大きな効果が発揮される可能性があります。恋愛の場合と同じように、相手との商談の場面などで効果的にミラーリングを活用することで、相手の興味を引くことができると思われます。

方法

共通点が分からない場合でも、話し方や仕草を真似ることなどで相手との距離を縮めることができると思われます。

話すスピードなどの話し方の特徴を真似することや、相手の表情や飲食の仕草など相手の行動を真似することで親しさを増すことができます。

ミラーリングを実際のビジネスに応用するのは、非常に簡単です。
[free_buttun_txt]

知られないように

ミラーリングは、知られないようにすることで効果を発揮することが何よりも大事です。

知られてしまったら逆効果になるということを注意しなければなりません。あくまで自然にさりげなく行う必要があることです。

相手との共通の話題も会話の流れの中で自然に出るように配慮をすることが大切です。不自然な形で唐突に相手との共通の話題が出てくると、相手が自分のプライベートなことを調べられたと感じて不愉快な気分になることもあります。

相手の状況を勘案してミラーリングを行うことが大切です。

 
 

相手のことを考えずに自分のアピールのために使用すると相手の誤解を招くことや顰蹙をかうことも考えられますので、相手の表情や状況を考えながらさりげなくミラーリングを活用することが重要です。

 
 

マーケティングスキルはビジネスを大きく左右する重要なスキルであるにも関わらず、学校や会社ではほとんど教えてもらえません。紹介した知識はマーケティングはもちろんですが、結局ビジネスをしていく上で顧客心理は切っても切り離せない重要なポイントです。

テクニックは、接客、営業、WEBマーケティングなど、様々なシーンで参考にできるものばかり。もちろん、職場や家族の問題の解決で合ったり―の中でも活用できるので、一度目を通して頭の隅っこにいれておくことをおすすめします。

 

本章ではこの新しい企業と消費者を結びつけるサービスの考え方、構築方法について紹介してまいります。どうぞ、参考にしていただければと思います。

食育コンサルタントのベルディアでは、様々なセミナーを行っております。また定期講座もあります。個別指導・個別講座も可能です。お気軽にお問い合わせください

また、ベルディアでは無料メルマガも発行しております。あわせて参考にしてください。

Tags:

No responses yet

コメントを残す

無料メルマガ登録

カテゴリー
        © 2016-2021 株式会社ベルディア All Rights Reserved.