主なWebマーケティングの集客手法について種類別にお話ししたいと思います。

なぜか。

マーケティング活動の基本はセグメントです。セグメントとは、市場において同じニーズ・性質を持つグループを指します。セグメントを切り、グループ化することをセグメンテーションと呼び、市場の細分化とも呼ばれます。

つまり、Webマーケティングを行う上では、市場全体を俯瞰した上で適切なセグメントを行い、施策を組み立てていくことが重要だということが見えてくると思います。

マーケットセグメンテーション (英: market segmentation) とは、市場細分化の意味で、特定商品(サービスを含む)における市場を異質とみなし、顧客市場を細分化することによって特定カテゴリに対して集中的にアプローチすることを目的に行われる。
マーケットセグメンテーション – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/マーケットセグメンテーション

集客手法におけるセグメンテーション

基本的に、「マーケティング活動」における集客手法は、大きく分けて顕在層と潜在層の2つの層に対して行われます。

顕在層:特定のニーズがあり、かつ、行動が表面化しているユーザー

潜在層:目的や欲しいものがはっきりしているがまだ行動していないユーザー

ニーズが顕在化しているユーザ層に対するアプローチは、潜在層のユーザーと比べた場合に、特定の商品名を知らないがニーズを満たす商品があれば購入する層と言えるため、そのマーケティングは自ずと見えてきます。

しかし、潜在層向けマーケティングを行わず顕在層のみを対象としてしまうと、ユーザーに限りがあるのは自明です。そのため、潜在層向けにも確実なマーケティングを行う必要性があることをご理解いただけるかと思います。

以下、それぞれの潜在層・顕在層といったターゲット層にたいして、どのようなマーケティング活動を行うのが効果的かを、個別に種類別に説明したいと思います。

[free_buttun_txt]

リスティング広告

リスティング広告は、検索結果ページに表示する広告で顕在層向けのマーケティング手法です。

SEO

自社サイト等のページを検索上位に表示させ検索してきたユーザーにアクセスしてもらうマーケティング手法です。こちらも顕在層向けのマーケティング手法です。

リターゲティング広告

一度Webサイトに訪れたユーザーに対して配信される広告で、再来訪を促す施策のため、リスティング広告やSEOとは異なりサイトへの興味関心度が高い顕在層向けのマーケティング手法です。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは、潜在層向けのマーケティング手法で、コンテンツを通じた複数回のアプローチにより消費者に興味関心を持たせる効果が期待できます。

メールマーケティング

顕在層とまでは言えない潜在層向けのマーケティング手法です。ユーザにメールを配信することで、来訪を促します。

ソーシャルメディア

ソーシャルメディアによるマーケティングは、今現在もっとも主流な潜在層向けのマーケティング手法です。FacebookやTwitterなどのSNSメディアに配信する広告を観られたことがあると思います。

多様化

Webマーケティングにおける集客手法は多様化しています。ここに挙げていないマーケティング手法には、ほかにはWeb接客ツールやLPO(ランディングページ最適化)などといった手法もあります。

Webマーケティングで重要なことは、自社のターゲットが最も多く集まるところに優先順位をつけて予算をかけることです。

もちろん、一朝一夕のマーケティング活動で効果がでるわけではありません。最低でも半年くらいの予算が必要だといわれるのがWebマーケティングです。そういう意味でも、自社にとっての最適なWebマーケティング手法を取捨選択することが重要です。

 
 
次回以降の記事では、それぞれのマーケティング手法をより効果的にするための実際の手順を踏まえながら、説明したいと思います。

 

本章ではWebマーケティングに関する企業と消費者を結びつけるサービスの考え方、構築方法について紹介してまいります。どうぞ、参考にしていただければと思います。

食育コンサルタントのベルディアでは、様々なセミナーを行っております。また定期講座もあります。個別指導・個別講座も可能です。
お気軽にお問い合わせください

また、ベルディアでは無料メルマガも発行しております。あわせて参考にしてください。

Tags:

No responses yet

コメントを残す

無料メルマガ登録

カテゴリー
        © 2016-2021 株式会社ベルディア All Rights Reserved.