こんにちは。食育コンサルタントのベルディアです。 お客さんにとっての最高の商品とは、あなたにとっての最高の商品ですか? 商品そのものの価値を判断するのはお客さんのみです。あなたにとっての最高の商品をお客さんにとっての最高 […]
JAというキーワードを横においといて。。。 企業はある個人がはじめて次第に大きくなり多角事業化することで大きな収益と繁栄をもたらすことができます。すると、組織は規模が大きくなるにつれて組織の維持そのものが目的になってきま […]
農協という組織は、農業協同組合法(農協法)によって目的を次のように定められています。 「農業者の協同組織の発達を促進することにより、農業生産力の増進及び農業者の経済的社会的地位の向上を図り、もつて国民経済の発展に寄与する […]
こんにちは。食育コンサルタントのベルディアです。 本日の日本の農業問題は、【農協】についてです。 まず、農協とは何か、農協はなぜ存在しているのか、そもそもの成り立ちも含めた農協の存在についてをお話ししたいと思います。その […]
こんにちは。食育コンサルタントのベルディアです。 今回の日本の農業問題シリーズは、少し趣向を変えて、なぜ食育コンサルタントが農業問題への取り組みやスマートアグリを事業として行っているかの説明を含めた記事の内容でお伝えした […]
前回の記事で最後に述べた通り、減反というのは単純に見えて実際は複雑です。また、様々な議論がされていて、一概に何が正しいのかを判断することは難しい内容だと思っています。 しかし、それはそれとして、減反政策が行われたことによ […]
前回に引き続き、減反政策がもたらした影響をまとめてお話ししたいと思います。 減反政策を簡単におさらいします。 農耕機械の発達により農作業効率が飛躍的に向上しました。そのため、値崩れが起きそうになるぐらい米がとれるようにな […]
前回まで、農地の話をしました。今回から、減反政策についての問題にクローズアップしたいと思います。 まず、皆さんは「減反」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。 減反政策 国によるコメの生産調整、いわゆる「減反」。ウィキペデ […]
今回も「農地はだれのものか」についてお話したいと思います。 前回までの話の下記を参照いただければと思います。 農地が農業政策のゆがみの元凶 農地法の悪影響。農地所有の規制 耕作放棄地の原因は農地法にある? 農地は農業生産 […]
植物工場の工場環境や事業参入にあたって確認しなければないこと、事業展開や展望についてまとめてきました。今回が植物工場に関する記事の最終回です。 最終回の内容は、流通です。 これまでの記事での述べてきたとおり、イニシャルコ […]
今回も「農地はだれのものか」についてお話したいと思います。 前回までの話の下記を参照いただければと思います。 農地が農業政策のゆがみの元凶 農地法の悪影響。農地所有の規制 農地は農業生産に欠かすことのできない生産要素であ […]
今回は、植物工場の事業参入にあたって確認しなければないこと、事業展開や展望についてまとめていきたと思います。 植物工場への事業参入するという覚悟 一般社団法人日本施設園芸協会の平成 28 年 3 月の報告書によると、収支 […]
今回も前回に引き続き、「農地はだれのものか」についてお話したいと思います。 農地は農業生産に欠かすことのできない生産要素であり、農地としてその土地を利用するのであれば農家である必要はないのではないか、という話を展開してい […]
今回もこれまでのつづきで植物工場の環境管理についてのお話しをしたいと思います。 植物工場にとってもっとも大事な照明装置の話 植物工場にとってもっとも大事な水(培養液)の話 今回の話は環境管理の中でもおそうじ、工場内の清掃 […]
今回も前回に引き続き、農地についてお話したいと思います。 前回の話のおさらいですが、農地は農業生産に欠かすことのできない生産要素であり、農地としてその土地を利用するのであれば農家である必要はないのではないか、という話を展 […]
無料メルマガ登録

カテゴリー
        © 2016-2020 株式会社ベルディア All Rights Reserved.