ハーブティーの楽しみ方。ハーブのある生活4

こんにちは。食育コンサルタントのベルディアです。

ハーブティーの淹れ方

ハーブティーと聞くとハードルの高いイメージがあるかもしれませんが、難しいことはありません。

ホットであれば沸騰したお湯を使うこと、蒸らすこと、この2つを守れば美味しいハーブティーを入れることができます。また、最近は紅茶のような1杯分のティーバッグもあり、手軽に飲むことができます。

ドライハーブの場合

あらかじめ、ティーカップとティーポットに沸騰したお湯を注いで、温めておきましょう。しばらく放置して温まったら、お湯を捨てます。

ティーポットにドライハーブを入れ、必ず沸騰したお湯(95℃以上)を使用します。
ドライハーブの量は、カップ1杯分(約150~180ml)に対して、小さいスプーン山盛り1杯が目安ですが、ハーブの種類や、味の好みによって、お湯で調節していきましょう。この際、ドライハーブを指で軽く砕くと、香りと味わいが深まります。

そして、ティーポットのフタをして、3~7分ほど放置して、蒸らします。

香りと温度を維持するために、フタは必ず占めましょう。

蒸らし終えた後スプーンを入れ、軽くゆっくりと回し、温めておいたティーカップに茶こしをセットして、ゆっくりと注いでいきます。

フレッシュハーブの場合

基本的にはドライハーブと一緒です。

ティーポットに入れるフレッシュハーブ量は、ティーカップ1杯分(約150~180ml)に対して、小さなスプーンで山盛り3杯程度が基準です。ドライハーブの約3倍分を目安にしてもいいでしょう。

フレッシュハーブは、ティーポットに入れる前に、軽く洗って、よく水気を切ります。そして、指でちぎるか、ハサミでカットして、細かくします。

あとは、ドライハーブの淹れ方と同様にします。

ティーバッグの場合

ティーバッグはティーポット不要で、ティーカップがあればに簡単に淹れられます。

お湯を湧かし、ティーカップを温めておきましょう。温めたティーカップにティーバッグを入れ、お湯150ccを注ぎ、ソーサーなどでフタをして3分ほど蒸らしましょう。 なお、蒸らし中はティーバッグをゆらゆら動かしたりしてはいけません。

ティーバッグをカップから取り除けばお飲みになれます。ティーバッグを入れたままにするとえぐみなどが出ることがありますので、ティーバッグは必ず取り出しましょう。

水出しハーブティーの場合

水出しハーブティーはとっても簡単にできるので、ぜひ気軽にやってみてください。

分量のハーブを容器に入れます。(ホットで入れる時よりも多めのハーブを使います)。容器にハーブを入れたら、常温の水を入れましょう。 冷水でもかまいませんが、その場合は抽出に時間がかかります。

ハイビスカスやマローブルーのような色の出やすいハーブの場合は1時間~2時間で飲むことができます。一方、複数のハーブがブレンドされているようなハーブの場合は、冷蔵庫へ入れる場合で4時間~10時間程度 様子を見てください。

ハーブウォーターとして

フレッシュハーブは、ハーブティーとして楽しむのは勿論ですが、ただお水に浮かべておくだけでも、ほんのりハーブの香りが楽しめます。

作り方は、ガラス製のポットやお気に入りのジャーに、お水とフレッシュハーブを数枚入れるだけです。
水だしハーブティーとちがってしっかり抽出するのを目的とするものではないため、来賓時などお客様が来た時などにさりげなく食卓へお出ししてみてはいかがでしょうか。

 
 

ハーブ(Herb)の語源は、ラテン語で草を意味するHerba(ヘルバ)に由来しています。

Herbの定義については、「香草」や「お茶にできる植物」などとあまり定まっていません。
また、 ハーブティーにはさまざまな効果がありますが、日常生活の中で用いる分量くらいならほとんど危険もなく(妊娠中を除く)、安心して利用できます。これはハーブティーの大きな魅力のひとつでしょう。

本サイト内の効能等は一般的な情報で、保証するものではありません。
特に、以下に該当する方は使用に際しては、最寄りの医師・薬剤師に相談のうえ、ご自身の責任でお願いいたします。使用後のトラブルに関して、当サイトは一切の責任を負いません。

1.高血圧、糖尿病など、さまざまな疾患にかかっている人が使用する場合
2.妊娠中の方
3.食物アレルギー、アナフィラキシーショックなどの予測しがたい反応が起きる場合
4.過度に使用した場合(常識的範囲を逸脱している場合)

また、効果については個人の体質にも関係ありますので、100%の効果を保証するものではありません。
ご注意・免責事項 掲載内容について

 

食育コンサルタントのベルディアでは、様々なセミナーを行っております。また定期講座もあります。個別指導・個別講座も可能です。お気軽にお問い合わせください

また、ベルディアでは無料メルマガも発行しております。あわせて参考にしてください。

Follow me!

コメントを残す