ハーブティー。レモングラス。ハーブのある生活7

こんにちは。食育コンサルタントのベルディアです。

本日のハーブのある生活で説明するのは、レモングラスです。

レモングラスとは

レモングラスは東南アジアやカリブ海周辺でよく使われるハーブです。刺激が強く、子宮を収縮させる作用があるため、妊娠中には禁忌とされています。

それでは、レモングラスの特徴をみていきましょう。

香りと味の特徴

レモングラスとは、その見た目からも分かるようにイネ科の多年草です。
そのレモングラスは、レモンと同じ香りの成分(シトラール)を含み、レモンのような強い香りを放つハーブである事からこの名前が付けられたと言われています。ちなみに花言葉は「爽快」、レモンの香りどおりのイメージですね。

リフレッシュ向け

レモングラスティーは、リフレッシュのハーブティーとして有名です。

気分をスッキリとさせてくれ、集中力を高めてくれるとも言われる為、お仕事中やお勉強中の水分補給や気分転換におすすめです。

含まれている成分

香り成分のおよそ8割を占めているといわれるのがシトラールです。

得られる効能

レモングラスティーの殺菌作用は、風邪の初期に見られる発熱や頭痛等の症状を抑えるのに効果的に働きます。

また、整腸作用もあるので、食欲不振や食べ過ぎによる胃もたれ、腸内のガス抜き等にも効果が期待できます。

おすすめの飲み方

レモングラスティーは、爽やかなレモンに似た香りが口いっぱいに広がるハーブティーで、他のハーブティーと比べてクセが少なく、スッキリとしたレモンティーの様な味わいです。
今までハーブティーに苦手意識を持っていた人でも、美味しく飲むことが出来るかもしれません。

ホットで飲むのはもちろん、その爽やかな香りをより生かしたいのなら、ぜひアイスで飲む事をおすすめします。

 

ハーブ(Herb)の語源は、ラテン語で草を意味するHerba(ヘルバ)に由来しています。

Herbの定義については、「香草」や「お茶にできる植物」などとあまり定まっていません。
また、 ハーブティーにはさまざまな効果がありますが、日常生活の中で用いる分量くらいならほとんど危険もなく(妊娠中を除く)、安心して利用できます。これはハーブティーの大きな魅力のひとつでしょう。

本サイト内の効能等は一般的な情報で、保証するものではありません。
特に、以下に該当する方は使用に際しては、最寄りの医師・薬剤師に相談のうえ、ご自身の責任でお願いいたします。使用後のトラブルに関して、当サイトは一切の責任を負いません。

1.高血圧、糖尿病など、さまざまな疾患にかかっている人が使用する場合
2.妊娠中の方
3.食物アレルギー、アナフィラキシーショックなどの予測しがたい反応が起きる場合
4.過度に使用した場合(常識的範囲を逸脱している場合)

また、効果については個人の体質にも関係ありますので、100%の効果を保証するものではありません。
ご注意・免責事項 掲載内容について

 

食育コンサルタントのベルディアでは、様々なセミナーを行っております。また定期講座もあります。個別指導・個別講座も可能です。お気軽にお問い合わせください

また、ベルディアでは無料メルマガも発行しております。あわせて参考にしてください。

Follow me!

コメントを残す