プラシーボ効果。行動心理を効果的にマーケティングする3

プラシーボ効果。

一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

具体的なプラシーボ効果の例えとして薬理学的に効果のない偽薬の鎮痛薬を投薬しても、約30%の人に持続的効果が表れることで知られています。

プラシーボ効果

プラシーボ効果とは、ユーザの思い込みによって実際上の効果・影響が表れる行動心理を指します。

潜在意識や思い込みによって、本来現れないはずの効果が現れることです。「特効薬」として渡した錠剤が 実はビタミン剤にもかかわらず、 思い込みによって病気が快方に向かった という有名な心理効果です。

プラシーボ効果の由来

プラシーボとはラテン語: placēbō [plakeːboː] プラケーボー(「私は喜ばせる」)という意味の言葉が由来となっています。

患者が「これを飲めば痛みがなくなるんだ」と思い込んでいるので、本物の鎮痛剤でなくても、鎮痛効果が現れたわけですが、この実験で示されたように、思い込みによって、効果がない偽物であっても効果がでることをプラシーボ効果と読んでいます。

米コロラド大学ボルダー校のトール・ウェイジャー氏によれば、プラセボ効果の条件についてはまだ明らかになっていないことが多いという。

 「私たちの現在の考えでは、これには治療に対する確信と、その確信を裏付ける体験が必要です。これらの体験から脳が学習し、治療が本物であるものとして反応するようになるのでしょう。一度学習してしまえば、本人が治療を信じていなくても、脳は偽薬に対して同様に反応を続けるのです」

Read more: https://www.excite.co.jp/News/odd/Karapaia_52197466.html#ixzz5S5PFGBvh

マーケティング活動への活用

プラシーボ効果は、商品・サービスのキャッチコピーを考える際に便利です。「驚愕の」「効果が飛躍的に上がる」などの誇張表現をすることで、商品やサービスの内容をより効果的に伝えられます。

それはで、プラシーボ効果をマーケティング活動へ活用するにあたって、そのポイントをお伝えします。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す