SEOとは「Search Engine Optimization」(サーチエンジンオプティマイゼーション)の略語です。「Search Engine Optimization」を日本語訳すると、「検索エンジン最適化」となります。

似た言葉に、SEMというものがあります。 SEMとは、「Search Engine Marketing(検索エンジンマーケティング )」の略語です。

簡単に違いを説明すると、次のような内容です。

SEO対策 は、検索エンジンで「特定キーワード」で検索した時、検索結果に自社ホームページや特集記事などの紹介が上位表示されるためのテクニックを指します。

SEM は、主にリスティング広告(検索連動型広告)を利用し、見込み客を誘導して顧客を獲得しようとする販促活動を指します。

つまり、SEMはリスティング広告やSEOを含むWebマーケティングになります。「SEO+リスティング広告=SEM」と言う理解でおおまかには問題ありません。

なお、リスティング広告については、前回の記事を参照ください。

Google対策こそがSEO対策

検索サイトといえば、「Yahoo!」と「 Google」と「Bing」がほとんどを占めています。2010月に、Yahoo!JAPANの検索エンジンがGoogleに移行しました。そのため、Googleの検索エンジンに対して最適化することで、SEO対策が行えると理解いただいて問題ありません。

StatCounter Global Stats の発表内容を確認すると、「Yahoo!」と「 Google」の二つを合わせると、検索エンジンシェアは90%を超えます。

そのため、冒頭に述べた、Googleの検索エンジン、すなわち、アルゴリズムに対して最適化することでSEO対策が行える、と言うことの意味をご理解できたかと思います。

Googleのアルゴリズムに最適化する、とは

さまざまな検索ワードから最適化し、検索結果に上位表示すれば、無料でサイトへの集客を増やすことができるというのはすぐイメージできることです。

SEO対策を行うことは、検索エンジンを利用しているユーザーは検索する目的が顕在化している可能性が高いと言えるため、[free_buttun_txt]ユーザーを得やすくなります。

以前はWebサイトにキーワードを散りばめたり、とにかくたくさんの被リンクを得ることで上位表示することができると言われていました。

この理由は、評価する Googleのロジックが被 リンク( 外部リンク)を多く集めているページは良いページと評価するものだったとされているためです。

現在は違います。

Googleの基本的な理念は、ユーザーのために、です。質の良いコンテンツを上位表示させることは、ユーザーにとって使いやすいサイトである、と判断します。そうです。Googleはユーザーの満足度を高めたいと考えています。

Googleのアルゴリズムに最適化する、とは、ユーザーの満足度を高めたコンテンツを提供するサイトである、を目指すことで実現できます。

検索キーワードを知る

SEO対策は何もコンテンツを充実させるだけではダメなのです。検索キーワードを調査・理解する必要があります。サイト/コンテンツの制作やリニューアルでSEOに取り組む場合、キーワード調査は必須です。ユーザーの顕在的/潜在的なニーズを調査する上で、検索キーワード調査がマーケティング活動全般において有効になるのです。

そのため、候補となるSEOキーワードをリストアップします。

検索キーワードを知る

ただやみくもにキーワードをリストアップすればよいのではありません。次に紹介するものはいずれも無料で使える検索キーワードのツールです。

keyword.io

キーワードを含む掛け合わせワード(サジェストワード)が知りたくなります。このkeyword.ioは日本語対応したサジェストワードツールです。
keyword.io
http://www.keyword.io/

関連キーワード取得ツール

キーワードの周辺ワードをもれなく調べる必要があります。いわゆる、関連キーワードです。分類などは気にせず、とにかくキーワードに関連すると思われる関連キーワードを取得するツールです。
関連キーワード取得ツール
http://www.related-keywords.com/

GoogleCorrelation

関連ワードの次は、隠れたキーワードです。一見、意味的には関連がなさそうな単語でも、隠れたニーズや検索ワードが見つかる場合があります。

GoogleCorrelation
http://www.google.com/trends/correlate/

Googleトレンド

検索キーワードには季節やトレンドがあります。たとべ、ハロウィンとか、クリスマスなど。キーワードの流行を抑えてSEO対策するには、Googleトレンドが便利です。

Googleトレンド
https://www.google.co.jp/trends/

 
 
 
如何でしょうか。

検索キーワード調査は、SEOやコンテンツマーケティングの重要なタスクです。

どこまで調査し、どのようなキーワードを採用するのかによって「価値」がかわることもあります。とはいえ、工数や人員のかかる作業でもあります。そのあたりはうまく自社組織のリソースを考慮して、SEO対策会社を利用するのも一つです。

その上で、検索キーワーを使ったSEO対策するスケジュールを決定していきましょう。

Googleの理念のとおり、 SEO対策とはユーザーのためのコンテンツにつきます。色々と試してみてください。

 
 

本章ではWebマーケティングに関する企業と消費者を結びつけるサービスの考え方、構築方法について紹介してまいります。どうぞ、参考にしていただければと思います。

食育コンサルタントのベルディアでは、様々なセミナーを行っております。また定期講座もあります。個別指導・個別講座も可能です。お気軽にお問い合わせください

また、ベルディアでは無料メルマガも発行しております。あわせて参考にしてください。

Tags:

No responses yet

コメントを残す

無料メルマガ登録

カテゴリー
        © 2016-2021 株式会社ベルディア All Rights Reserved.