今回は「リターゲティング広告」についてです。

リターゲティング広告とは

リターゲティング広告とは、インターネット広告の配信方式でサイト訪問したユーザーを追跡し、他サイトで同じ広告主の広告を表示させることです。

たとえば、次のような経験はありませんか?

新しく車を買い替えを考えています。メーカーのサイトや中古車販売店のサイトを様々見比べていて、後日、またインターネットでYAHOO!なでのポータルサイトを開くと、車関係の広告サムネイルが表示される、みたいな経験。

これは、何も難しいことではないのです。リターゲティング広告は行動ターゲティング広告(BTA)の一種であり、主にCookieを使用してユーザーとその行動履歴を追跡する仕組みを利用しています。Cookieとは、WEBサイトの提供者側が、IEやGoogleChromeなどのブラウザを通じて使用端末に何らかのデータを書き込んで保存させる仕組みのことです。

一度、閲覧したユーザーに広告を表示することは、商品やサービスの成約につながる可能性が一般に何も検索していないユーザーと比べると高いといわれています。ただし、広告をやりすぎると敬遠されてしまうことがあるので注意が必要です。

「リターゲティング広告」の意味のまとめ

言葉をまとめます。

「リターゲティング広告」は、Cookieを利用してサイト訪問したユーザーを「見込み客」と見なし、サイト離脱後に再呼び込みする方式です。

初回訪問時は成約(コンバージョンといいます)に結びつかなくとも、引き続きそのユーザーは検索した事象(モノやサービス)に興味を持ち続けている可能性は高く、見込み客として絞り込めば少ない露出でも高い効果が期待できる広告サービスです。

なお、あまり広告を多くしすぎると敬遠される恐れがあります。

リターゲティング広告の始め方

リターゲティング広告は、提携サイトのネットワークを持つ広告サービスに対し広告を出稿します。
代表的なところでgoogleとYahoo!です。
 

 
広告設定の詳しい手順は、上記を参照すれば問題なく設定可能です。設定手順マニュアルの紹介は他のサイトさんにお譲りしたいと思います。

本記事では、マーケティング活動として、このリターゲティング広告のメリット・デメリットをご説明したいと思います。

リターゲティング広告のメリット・デメリット

冒頭でも説明した通り、「リターゲティング広告」はリピーターという潜在可能性の高いユーザーに絞って広告を表示できるという特性から、費用対効果が高いと言われています。

では、はじめにメリット・デメリットを箇条書きでまとめてから本題に入りたいと思います。ユーザーを絞って広告できるということは無駄な広告費を抑えられると考えがちですが、何事にも、必ずデメリットはあります。[free_buttun_txt]

「リターゲティング広告」のメリット

  • 「見込み客」への再アプローチ
  • コンバージョン率の高さ
  • ユーザーに別の商品を紹介
  • ユーザーが自社サイトを離脱した理由は様々あるはずですが、サイトを訪れたということは自社に興味をもったユーザーであることには違いがありません。その離脱した成約しなかったユーザーに対して広告を打ち出せることが大きなメリットです。
    リターゲティング広告がない場合には、成約しなかったユーザーは追いかけることができず取りこぼしたことになります。

    そして、その商品そのものに興味がなかったとしても、リターゲティング広告は異なる商品やサービスを紹介することが可能です。広告の内容を変更すれば、別の商品のアプローチも可能になるというわけです。

    「リターゲティング広告」のデメリット

  • 訪問したユーザーにしか広告を出せない
  • つきまとわい行為による心象的煩わしさ
  • 直接的なデメリットはありません。しかし、間接的なデメリットが非常に大きいものになります。もし、自社の広告がユーザーに「またか」という印象をあたえてしまう広告って、如何ですか?

    成約はなくとも、サイトやサービスなどに興味を持ってくれた「見込客」となるユーザーからの評価が、「またか」というものになるこの危なさ。

    「リターゲティング広告」は、広告の表示の調整が可能です。煩わしさを印象として残してしまうその前に、広告表示を検討したほうがよさそうですよね。

     
     

    リターゲティング広告は様々な用途と可能性がある広告か、説明してきました。

    リターゲティング広告はサイトに来た人を単純に追い回すだけの広告だけではなく、いろいろな種類、設定方法、活用法があります。

    アクセスのあったユーザーを確実に商品購入、成約に繋げるため、ぜひリターゲティング広告を利用してみてください。

     

    本章ではWebマーケティングに関する企業と消費者を結びつけるサービスの考え方、構築方法について紹介してまいります。どうぞ、参考にしていただければと思います。

    食育コンサルタントのベルディアでは、様々なセミナーを行っております。また定期講座もあります。個別指導・個別講座も可能です。
    お気軽にお問い合わせください

    また、ベルディアでは無料メルマガも発行しております。あわせて参考にしてください。

    Tags:

    No responses yet

    コメントを残す

    無料メルマガ登録

    カテゴリー
            © 2016-2020 株式会社ベルディア All Rights Reserved.